ダンロップフェニックス優勝の金谷拓実 大慣性モーメントのドライバーに適したスイング、メリット最大活用で飛距離と方向性を両立

ダンロップフェニックス優勝の金谷拓実 大慣性モーメントのドライバーに適したスイング、メリット最大活用で飛距離と方向性を両立
ダンロップフェニックス優勝の金谷拓実 大慣性モーメントのドライバーに適したスイング、メリット最大活用で飛距離と方向性を両立
その他の写真を見る (1/2枚)

 【勝者のワザ】

 元アマチュア世界ランク1位の金谷拓実が、プロ転向3戦目でプロとしての初勝利を挙げた。

 アマチュア時代から、そのスイングは個性的といわれていた。トップスイングでクラブフェースがシャット状態になっていて、ダウンスイング、インパクト、そしてボールを打ち抜くまで、そのフェースアングルは変わらない。アッパーブローの軌道でロースピンのボールを打ち出していた。フェースの開閉が抑えられたスイングであるといえる。

 実は、このスイングは、慣性モーメントの大きくなったドライバーに適しているのだ。

 ここ数年、ドライバーは初速スピードアップと慣性モーメント拡大を2大テーマとして開発されてきた。その目的は、飛距離と方向性の両立にある。

 大慣性モーメントのヘッドにはメリット、デメリットの両面がある。メリットは、インパクトで当たり負けせずエネルギーロスが少ないこと。有効打点エリアが広がり、飛距離ロスが少なくなること。サイドスピンが抑えられ、曲がり幅が小さいこと。やさしく感じられること…などである。

 一方のデメリットは、フェースの開閉を利用して飛ばそうとすると、その動きが極めてコントロールしにくいこと。その結果としてすっぽ抜けショットが多くなること。リストターンやアームローテーションを使いたい人は、扱いにくさを感じてしまうこと…などだ。

  1. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳