朝ドラ「エール」27日・120話は感謝祭 人気キャスト総出演のカーテンコールで古関メロディーを熱唱

イザ!
朝ドラ「エール」27日・120話は感謝祭 人気キャスト総出演のカーテンコールで古関メロディーを熱唱
朝ドラ「エール」27日・120話は感謝祭 人気キャスト総出演のカーテンコールで古関メロディーを熱唱
その他の写真を見る (1/5枚)

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くNHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第120話(最終回)が27日、放送される。

 主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じた同作。物語は26日放送の第119話で実質的に終了。志村けんさん演じる作曲家、小山田耕三の裕一への本心が明らかになり、小山田は手紙を通じて、裕一の才能を恐れるあまり、裕一を庶民の音楽に向かわせてしまったことを謝罪した。最後は、病に伏す音の療養ため、東京を離れて静かな生活を送っていた2人が、出会ったころの若々しい姿に戻り、思い出の砂浜で追いかけっこをするという象徴的なシーンで幕を閉じた。

 本編のラストを飾る第120話は特別編で、「『エール』コンサート」が放送される。NHKホールのステージを舞台に、ドラマを盛り上げた人気キャラが古関メロディーを熱唱。約2カ月半の再放送期間を含み、8カ月間、番組を視聴してきたファンへの感謝を込めて、人気キャスト総出演のカーテンコールという異例のスタイルで番組を締めくくる。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信