オランダで2月に世界スピードスケート フィギュア世界Jr.は中止

国際スケート連盟(ISU)は24日、新型コロナウイルスの影響による来年の予定変更を発表し、北京開催を断念したスピードの世界選手権は2月11~14日にオランダのヘーレンフェインで代替実施することが決まった。当初は2022年北京冬季五輪のテスト大会を兼ねる計画だった。

スピードのワールドカップ(W杯)で2月の長春(中国)大会と3月のヘーレンフェイン大会、フィギュアで3月の世界ジュニア選手権(ハルビン=中国)は中止が決定。スピード・ショートトラックの世界選手権はオランダのロッテルダムからドルドレヒト開催に変更し、日程は3月5~7日に前倒しした。(共同)

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗