夜間ハイビーム、栃木県内8割超未使用

 夜間に車の前照灯を上向きに点灯させる「ハイビーム」を使用している車の割合が、栃木県内では全体の13・9%にとどまっていることが、県警の今年10月の調査で分かった。ハイビームは通常のロービームに比べ遠くを照らすことができることから事故抑止につながるとされており、県警はハイビーム使用を訴えるCMを製作、放映を始めた。

 対向車や先行車への配慮から使用が避けられがちなハイビームだが、平成29年には国家公安委員会が定める「交通の方法に関する教則」で夜間の原則使用を明記。交通量が多い場合などはロービームを求めている。

 ハイビームは約100メートル先まで照らすことができ、ロービームの約40メートル先に比べて早く歩行者を発見できるなど、事故抑止効果が高いとされる。実際に、昨年までの過去5年間に県内で夜間に車にはねられ死亡した歩行者118人のうち、車側がハイビームを使用していた例はゼロだった。

 県警は同年以降、「ハイビーム大作戦」と題し、ポスター、チラシを作製。効果を実感してもらうため、「ナイトスクール」などを実施してきたが使用率は伸び悩んでいる。

 同年4月から原則年2回、夜間の事故が多い県内の7路線8カ所で調査を行っているが、今年10月の調査でも使用率は13・9%。初回調査時の3・9%に比べれば10ポイント増加したが、低水準が続いている。

 このため、県警は「未来を照らすハイビーム」と題したCMを製作した。ドライバーが対向車が通り過ぎた後にハイビームに切り替え、横断歩道を渡る歩行者を早めに発見。事故を回避できたため、自宅で待つ子供たちに無事に会えたという内容だ。

 今月中旬からとちぎテレビで放映、県警ホームページでも公開されている。県警は「ハイビームにすれば事故は減る。より啓発を強化していきたい」としており、県内の各ケーブルテレビ局や街頭ビジョンなどでも放映を検討している。(根本和哉)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表