阪急脱線事故から14時間後に運転再開 調査官を派遣

脱線電車の事故で運転見合わせを伝える電光掲示板=24日午前、神戸市中央区の阪急神戸三宮駅(南雲都撮影)
脱線電車の事故で運転見合わせを伝える電光掲示板=24日午前、神戸市中央区の阪急神戸三宮駅(南雲都撮影)

 神戸市灘区の阪急神戸線の踏切で23日夜に発生した電車と軽ワゴン車の衝突事故の影響で、24日朝も同線では新開地(神戸市兵庫区)-夙川(兵庫県西宮市)間で運転の見合わせが続き、現場周辺では、通勤客が振り替え輸送を利用するなどして足早に勤務先に向かっていた。同線は事故から約14時間後の午前9時21分に運転を再開した。

 事故で先頭車両が脱線した8両編成の特急と軽ワゴン車はすでに現場から移動された。兵庫県警灘署によると、軽ワゴン車は大破しており、車内のガソリンが線路に漏れていたという。

 大阪市内に通勤する神戸市の30代会社員の男性は「電車が動いていないので会社に遅刻の連絡を入れました。連休が明けていきなりのことで驚いています」と話した。

 事故は23日午後7時40分ごろ発生。同線の六甲-御影間の高羽踏切で、新開地発大阪梅田行き特急電車が軽ワゴン車と衝突し、電車の先頭車両が脱線した。軽ワゴン車を運転していた男性は、車外にいて無事だった。電車の乗客乗員約400人にもけがはなかった。24日には運輸安全委員会から派遣された鉄道事故調査官2人が調査を始める見込み。

 同署によると、軽ワゴン車の運転手は集配業者で、踏切から北約10メートル先に車を駐車していたという。「サイドブレーキのかかりが甘く、車が踏切まで動いたかもしれない」と説明しており、同署が事故原因を調べている。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び