東北放送の震災ドラマ、国際エミー賞受賞を逃す

ドラマ「小さな神たちの祭り」の一場面(東北放送提供)
ドラマ「小さな神たちの祭り」の一場面(東北放送提供)

 東日本大震災をテーマに東北放送(仙台市)が制作したドラマ「小さな神たちの祭り」が24日未明、ノミネートされていた「国際エミー賞」のテレビムービー・ミニシリーズ部門の受賞を逃した。国際エミー賞は、世界の優れたテレビ番組を表彰。受賞すれば、同部門では日本初だった。

 ドラマは、多くの人が津波の犠牲になった宮城県南部の亘理町が舞台。上京中に両親や弟らを失った主人公の前に不思議なタクシーが現れ、いとしい人たちがあの日のまま暮らす場所へ連れて行くというストーリー。

 内館牧子さんが脚本を手掛け、宮城県出身の俳優、千葉雄大さんが主演。2019年11月に初放送され、同年度の文化庁芸術祭で優秀賞に輝いた。

 同賞は50カ国以上の放送局などが加盟する「国際テレビ芸術科学アカデミー」が主催し、米国以外で制作された番組が対象。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病