英EUまた「崖っぷち」 FTA交渉期限 漁業、規制などで対立(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

英EUまた「崖っぷち」 FTA交渉期限 漁業、規制などで対立

 【ロンドン=板東和正】欧州連合(EU)から離脱した英国とEUによる自由貿易協定(FTA)の交渉が難航している。今月中旬が交渉期限とされてきたが、両者は英周辺海域での漁業権や各種の規制水準をめぐって折り合えずにいる。英EU間で離脱前の関係が維持される「移行期間」は今年末に終わる予定で、両者はまたもや「合意なき離脱」の崖っぷちにある。

 英側でFTA交渉を率いるフロスト首席交渉官は16日、ブリュッセルでEUとの集中協議を開始した。年末の「移行期間」終了に合わせてFTAを発効させるべく、週内に交渉をまとめられるかが注視される。FTA発効が間に合わなければ英EU間の貿易に関税が発生し、混乱と欧州経済への悪影響が不可避だ。

 好漁場として知られる英周辺海域での漁業権をめぐって協議が難航している。EUの共通漁業政策の下では、加盟国は割り当てられた漁獲上限を守れば他国の排他的経済水域(EEZ)でも漁ができる。ジョンソン政権は英周辺海域を自国で管理する意向だったが、EUは従来通り操業する権利を要求している。

 EUにすれば、同海域での操業はフランスやオランダなどの漁業関係者にとって死活問題だ。他方、英側では漁業関係者の大半がEU離脱派で、漁業をめぐる「主権」を取り戻すよう強硬に主張している。

 英EUの協議では、「公正な競争条件の確保」も争点となっている。EU側は、各種の規制や税制、政府補助金をEUと同等の水準とするよう英国に要求。英国が規制を緩和・撤廃して安い製品を輸出すれば、EU企業に不利となる事情がある。英側は、規制を緩和して自由競争を促進したい考えだ。

 ジョンソン首相は16日、「(交渉で)英国の地位を損なう提案は受け入れない」との声明を発表し、EUを牽制(けんせい)した。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」
  3. 唐田えりかもあきれた…東出昌大のゲスっぷり 「やっぱり彼はアホだった」と漏らし…
  4. NHK集金妨害、立花孝志党首に賠償命令
  5. ソフトバンクが都内に独自接種会場 河野担当相が明らかに