生殖医療の特例法案を与野党5会派が共同提出 今国会の成立目指す - イザ!

メインコンテンツ

生殖医療の特例法案を与野党5会派が共同提出 今国会の成立目指す

 参院事務総長の岡村隆司氏(中央)に特例法案を提出する(左から)立憲民主党の石橋通宏氏、公明党の秋野公造氏、(1人おいて)自民党の古川俊治氏、国民民主党の伊藤孝恵氏=16日午前
 参院事務総長の岡村隆司氏(中央)に特例法案を提出する(左から)立憲民主党の石橋通宏氏、公明党の秋野公造氏、(1人おいて)自民党の古川俊治氏、国民民主党の伊藤孝恵氏=16日午前

 公明党の秋野公造参院国対委員長らは16日、不妊治療で生まれた子の親子関係を明確にする民法の特例法案を岡村隆司参院事務総長に提出した。自民、公明、立憲民主、国民民主、日本維新の会の5会派による共同提出で、今国会内での成立を目指す。

 秋野氏は記者会見で、法案提出の意義について「生殖補助医療が現実のものとなり、親子関係を安定化させることを目指した」と強調。生殖補助医療全体の基本理念が定まっていないとし、「物事を考える根拠がないので、基本理念を定めようとしたことが狙いだ」と述べた。

 民法は第三者が関わる生殖補助医療で子が生まれることを想定していないため、精子や卵子の提供によって生まれた子の親子関係について規定はない。法案では、卵子提供者ではなく出産した女性を「母」、第三者の精子提供に同意した夫を「父」とする。

  1. ネットカフェ男立てこもり 20代女性従業員を人質 大宮
  2. 女性オーナー殺害 遺体に十数カ所の傷 強い恨みか
  3. 人質女性、問いかけに応答 立てこもり20時間に
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」