女性版ウッズ笹生優花のパワーと技に驚かされた

女子プロゴルフの概念を覆す脅威の19歳だ=8日、茨城県小美玉市・太平洋クラブ美野里コース
女子プロゴルフの概念を覆す脅威の19歳だ=8日、茨城県小美玉市・太平洋クラブ美野里コース

 【SPORTS BAR】

 目の前で見たのは初めてだった。噂は聞いていたが、女子ゴルフの笹生優花のパワーはそれ以上だった。前週の「TOTOジャパン」(茨城)の最終日、ボギーなしの9個のバーディーを奪って63のビッグスコア。優勝は逃したが、2位フィニッシュと大爆発した。

 「女性版ウッズ」の異名を持つが、圧巻だったのが4番(406ヤード)。フェアウエー右のバンカーからの第2打、ピンまで177ヤードを、5番アイアンを振り抜きピン側2メートルにつけるスーパーショットを見せた。

 「あの位置からミドルアイアンでグリーンを狙うなんて…。いままでの女子プロ概念ではありえない。次元を超えたパワーとテクニック。時代は変わったですね」

 このシーンを見ていた日本女子プロ協会のある委員はあきれて、こう話した。拙稿も何ホールか笹生について回った。飛距離に驚かされ、ショットの鋭さは群を抜いていたように感じた。

 原英莉花らと同じく、ジャンボ軍団の一員である。そういえば、9月に開催された「ISPS HANDA 医療従事者応援 ジャンボ尾崎記念 チャリティートーナメント」(千葉)の会場に姿を見せた尾崎プロは、笹生をこう絶賛していたと聞いた。

 「面白いねぇ~。あの体の強さ、ヘッドスピード…。女じゃないくらいだ。ウチの練習場の275ヤードのネットに、ちょっと風がフォローだったらキャリーで行くんだから。そりゃ(原)英莉花が頑張っても20ヤードはおいていかれる。あんなのがいるとは思わなかった」

 今季プロデビューしたばかりの19歳。2戦目の「NEC軽井沢72」で優勝、次戦「ニトリレディス」で2週連続優勝。今季11戦でトップ10入りも6度…。獲得賞金は8275万3170円で堂々のトップである。

 それにしても、女子プロ界は毎年のように新鮮力が出てくる。笹生はぜひとも直接見てほしい逸材だが、コロナ禍で無観客試合なのが、何とも残念である。(産経新聞特別記者・清水満)

  1. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃