7年間無免許の市職員免職 大阪・箕面

 大阪府箕面市は12日、無免許運転を約7年間続けていたなどとして、市民部の男性職員(57)を懲戒免職にした。市の聞き取りに「少しぐらい運転しても大丈夫だろうという甘えがあった」と話しているという。

 市によると、職員は平成25年8月、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで大阪府警に摘発され、同10月に免許取り消し処分を受けた。当時は休職して自治労大阪府本部に勤務していたため市に報告する必要はないと思い、申告しなかった。

 その後、私用車の無免許運転を繰り返し、30年9月に市に復職した後も無免許のまま公用車を12回運転。今年10月に私用車を運転中に警察官に止められ、道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕された。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…