【トランプからバイデン 変わる世界】朝鮮半島、正恩氏の戦略破綻…韓国の対北対話も頓挫 - イザ!

メインコンテンツ

トランプからバイデン 変わる世界

朝鮮半島、正恩氏の戦略破綻…韓国の対北対話も頓挫

金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 米大統領選でのバイデン前副大統領の当選確実を受け、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、外交戦略が破綻する危機を迎えた。

 正恩氏が国際社会による厳しい制裁を甘受しても核・ミサイル開発に邁進(まいしん)したのは、米本土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)を米側に突き付け、「核保有国」同士として、米大統領との直接交渉に持ち込むもくろみがあったからだ。

 2018年6月に史上初の米朝首脳会談という舞台を用意してそれに応えたのがトランプ大統領だった。正恩氏との親交を自賛するトランプ氏を、バイデン氏は今年10月の討論会でこう切り捨てた。「トランプ氏は悪党を親友だと言った」

 首脳会談を重ねて「北朝鮮に正当性を与えた」とも批判した。ただ、「核能力縮小への同意」との条件を課しつつも、バイデン氏自身、正恩氏との首脳会談を拒んでいるわけではない。

 正恩氏にとって最大の誤算は、首脳間の親交に基づくトップダウンの決定という交渉の前提が崩れることだ。バイデン氏は、実務協議を積み上げて北朝鮮の非核化を目指すボトムアップ式への転換を示唆してきた。正恩氏が「古びた方式」と嫌悪感を示す米政府旧来の外交スタイルだ。

 北朝鮮は昨年、トランプ氏と正恩氏の会談を批判したバイデン氏を「政権欲に狂った老いぼれ」とメディアで激しく非難。バイデン氏は「独裁者の金正恩は私をお好きでないようだ」と受け流した経緯があった。

 北朝鮮は今年7月以降、100日以上もの間、トランプ政権に直接言及しない異例の沈黙を守ってきた。新型コロナウイルスに感染したトランプ氏に正恩氏が「あなたは必ず打ち勝つ」と見舞いの電報を送ったのが唯一の例外だった。

 半年以上、弾道ミサイルの試射を控え、10月の軍事パレードでの新型ICBMの誇示にとどめた。正恩氏は7月、妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長名の談話を通じてトランプ氏に「成果を祈る」と伝えた。トランプ氏再選の足を引っ張る言動を抑え、再会談を願う本音を言明していたようなものだ。

 制裁や新型コロナ対応、水害という「三重苦」に直面しながら「自力更生」で経済難を耐えるよう国民に強いてきたのは、米大統領との直談判による打開に望みをつないできたからだ。

 金政権を支える外貨資金も遠からず底を突く可能性が指摘されている。正恩氏は来年1月の党大会で新たな施政方針を打ち出す考えだが、北朝鮮は実務協議を重ねて米側から譲歩を引き出す交渉の長期化に備える余裕はないとみられる。

 北朝鮮メディアは10月22日を最後に3週間、正恩氏の動静を報じておらず、バイデン氏の当選確実にも触れていない。正恩氏の悩みの深さが読み取れる。

 北朝鮮は過去、米政権の移行期に核実験やミサイル発射を繰り返してきた。日米韓当局は、今回も新型のICBMや潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試射に踏み切り、米新政権を交渉の場に引き出そうとする事態を警戒している。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の周辺では、バイデン次期政権が「戦略的忍耐」として北朝鮮問題を事実上放置したオバマ前政権の轍(てつ)を踏むのではないかとの懸念もくすぶる。文氏が最優先する対北対話は完全に頓挫する。

 康京和(カン・ギョンファ)外相は8日、訪問先の米国で「戦略的忍耐に戻ることはない」との見方を示した。文政権内では、バイデン氏が00年代の金大中(デジュン)政権時代に対北包容政策である「太陽政策」に支持を表明したことから、北朝鮮問題への積極関与策に出るとの楽観論すらある。

 だが、太陽政策の失敗を目にしてバイデン氏が対北強硬姿勢に転じて久しく、何より各段に高まった米国への北朝鮮の核・ミサイル脅威が安易な包容策や放置策を許さない現実がある。

 にもかかわらず、文氏は9日、トランプ氏の対北対話の「成果」を次期政権が引き継ぐよう最善を尽くすと主張した。トランプ氏や正恩氏も昨年のベトナム・ハノイでの会談が物別れした後も互いの親交をアピールし続けてきた。米朝韓3首脳はそれぞれの思惑に従ってトップダウン会談で現状を打開しようと思い描いてきた夢からいまだ目覚められずにいるようだ。(ソウル 桜井紀雄)

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」
  3. 唐田えりかもあきれた…東出昌大のゲスっぷり 「やっぱり彼はアホだった」と漏らし…
  4. NHK集金妨害、立花孝志党首に賠償命令
  5. ソフトバンクが都内に独自接種会場 河野担当相が明らかに