ネットコンビニ「自分のアイデア」 特許訴訟、セブン側争う姿勢

東京高裁が入る建物(今野顕撮影)
東京高裁が入る建物(今野顕撮影)

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンとフランチャイズ契約を結ぶ中部地方のオーナーの男性が、同社の展開する「ネットコンビニ」事業で情報処理システムの特許を侵害されたとして、1200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、東京地裁(佐藤達文裁判長)で開かれ、セブン側は争う姿勢を示した。

 ネットコンビニは、客がスマートフォンなどで注文した店の商品を届けるサービス。セブンは北海道、広島県などで実証実験を進め、将来的に全国への拡大を目指している。

 訴えによると、男性は全店舗の売り上げ向上のため、店の在庫情報と入荷情報に基づき、購入できる商品を客のスマホに表示するシステムなどを考案し、平成28年6月に特許を申請した。その後、セブン側に企画書を送り、責任者に数回提案したが、29年2月に「採用しない」と連絡を受けた。

 セブンは同10月に北海道で実証実験を開始。男性は「自分のアイデアに基づく事業だ」とし、特許侵害を主張している。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図