前日練習で開眼!!松山コースレコードで2位 次戦マスターズ「チャンスある」/米男子

最終ラウンド、17番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹。通算11アンダーで2位=メモリアルパーク・コース(共同)
最終ラウンド、17番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹。通算11アンダーで2位=メモリアルパーク・コース(共同)

 ヒューストン・オープン最終日(8日、米テキサス州ヒューストン、メモリアルパークGC=7432ヤード、パー70)首位に5打差の8位から出た松山英樹(28)=LEXUS=は7バーディー、ボギーなしの63で猛追し、通算11アンダーで2位に入った。次戦のメジャー「マスターズ」(12日開幕、米ジョージア州・オーガスタナショナルGC)に弾みをつけた。カルロス・オルティス(29)=メキシコ=が65で通算13アンダーに伸ばしツアー初優勝。

▼パーオン率61・11%から94・44%に

 7バーディーを量産した松山は、コース記録の63をマークして猛追。3年ぶりの優勝には2打及ばなかったが、大舞台の前哨戦で手応えを得た。

 「スタートから良い距離感が出ていた。新たな発見もあったし、上位でプレーできたのはすごく収穫かなと思う」

 前日はアイアンショットに苦戦し、パーオン率は61・11%にとどまったが、この日は94・44%と絶好調。「昨日の後半にちょっと気付いたことがあったので、終わったあとの練習でうまく(修正)できた」。持ち味の正確なショットでチャンスを量産し、グリーンを1度しか外さなかった。

 アウトスタートの前半は2つのパー5などで3つ伸ばすと、後半に入って12、13番(ともにパー4)の連続バーディーで上位に食らいつく。終盤16番(パー5)で4メートル、17番(パー4)では5メートルのバーディーパットを決めると、力強く右手を握りしめた。

▼悲願メジャー制覇へ「落ち着いてできそう」

 12日からは7年連続9回目の出場となる「マスターズ」に挑む。「落ち着いてできそうな雰囲気があるので、そこはすごく救いだと思う。このプレーを続ければ、チャンスはある」。

 悲願のメジャー初制覇を目指し、新型コロナウイルスの影響で4月から延期された秋のオーガスタに乗り込む。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」