広島・石原慶が引退試合で途中出場 現役最後の打席は右飛 - イザ!

メインコンテンツ

広島・石原慶が引退試合で途中出場 現役最後の打席は右飛

8回の打席を終え、スタンドにヘルメットを掲げる広島・石原慶=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
8回の打席を終え、スタンドにヘルメットを掲げる広島・石原慶=マツダスタジアム(撮影・門井聡)

 (セ・リーグ、広島0-2阪神、24回戦、阪神13勝8敗3分、7日、マツダ)今季限りでの現役引退を表明している広島・石原慶幸捕手(41)が0-2の八回の守備から途中出場した。

 マスクでは中田と息の合ったリードで1回を無失点に抑えた。その裏の無死一塁で迎えた打席では秋山からスイッチしたばかりの同級生の能見と対戦。5球目の外角高めの145キロの直球を力強く打ったが、右飛だった。一塁ベース付近でマウンドの能見にお辞儀。ベンチに戻るときにはヘルメットを取って、スタンドの拍手に応えた。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる