JR西 福知山線脱線事故遺族らに車両保存の計画説明 

会見するJR西日本の長谷川一明社長=7日午後、兵庫県伊丹市(柿平博文撮影)
会見するJR西日本の長谷川一明社長=7日午後、兵庫県伊丹市(柿平博文撮影)

 乗客106人が死亡した平成17年のJR福知山線脱線事故で、JR西日本は7日、遺族や負傷者らを対象にした説明会を兵庫県伊丹市で開き、事故車両を保存する施設の整備計画の素案を伝えた。7両全てを現状のまま保存して社員の安全教育に活用する方針。令和6年秋の完成を見込んでいる。遺族からは「事故の重大さを学んでくれれば」などの声が聞かれた。

 JR西や関係者によると、素案では大阪府吹田市の社員研修センターに新たな建物(高さ約7メートル、広さ約1500平方メートル)を整備。温度や湿度を管理して事故車両の劣化を防ぐ。

 社員が事故の重大性を再認識できるよう、地下に安全教育の設備をつくり映像などで事故当時の様子が分かるようにする。令和5年に車両の搬入作業を始め、6年中に社員教育を始める計画という。

 JR西は昨年11月、遺族らに事故車両全てを社員研修センターで保存する案を示していた。現在は大阪市や兵庫県高砂市の施設で保管している。遺族や負傷者らの意見を聞きながら今後、一般公開するかや、兵庫県尼崎市の事故現場にある追悼施設「祈りの杜(もり)」などに移すかを慎重に検討する。

 長男の吉崇さん=当時(31)=を亡くした菅尾美鈴さん(71)は「悲惨な車両をあまり見たくはない」との思いを抱えつつも、「15年間つらい思いで歩いてきた遺族としては、車両が研修施設に保存されることで、若い社員たちが事故の重大さを学んでくれるのであれば、それでいい」と語った。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走