化学物質、通常の200倍 神奈川・横須賀の異臭

神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)

 神奈川県は4日、同県横須賀市で10月26日に異臭が発生した際に採取した大気を分析した結果、ガソリンなどが蒸発したガスに含まれる化学物質が、通常の最大約200倍の濃度で検出されたと発表した。これまでに県内で異臭が発生した際に検出した成分とほぼ同じだが、濃度は大きく上回った。原因は特定できていない。

 県は「これまでに比べて高濃度だが、異臭を感じた時間が短いため直ちに健康に影響を及ぼす恐れはない」としている。

 県によると、10月26日に採取した異臭からはイソペンタンやペンタン、ブタンが通常の約90~200倍の濃度で検出。ほかに環境基準値より高濃度のベンゼンも検出された。10月に横浜、横須賀両市で採取した大気から検出した化学物質は最大でも約14倍だった。

 横須賀市では26日、「ゴムが焼けた臭いがする」など通報が約30件あった。横須賀市消防局庁舎など3カ所で大気を採取していた。

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」