不倫問題渦中の瀬戸大也、日本水連が事情聴取 国際リーグ出場は認めず!?13日処分決定

瀬戸(左)は関係者と日本水泳連盟の入る建物からタクシーで出た。神妙な顔だった(撮影・桐原正道)
瀬戸(左)は関係者と日本水泳連盟の入る建物からタクシーで出た。神妙な顔だった(撮影・桐原正道)

 日本水泳連盟は12日、東京都内で倫理委員会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した瀬戸大也(26)を事情聴取した。13日に開く臨時常務理事会で処分を正式決定する。

 瀬戸はこの日、濃紺のスーツに身を包み、水連の事務局を訪問。約1時間に渡って説明した後、詰めかけた報道陣に対応することなく、足早にその場を後にした。

 関係者によれば、処分は厳重注意など比較的軽いものになる見通しだが、参戦を検討している10~11月にブダペストで開かれる国際リーグ(ISL)への出場は、水連が認めない可能性も浮上した。瀬戸は水連の処分を受けた後、何らかの対応をするとみられる。

 昨年の世界選手権で男子個人メドレー2冠に輝き、競泳で1人だけ東京五輪代表に決まった。周囲の期待が高まる中、9月23日の「デイリー新潮」で女性問題を報じられ、その後に事実と認めて謝罪。所属先だったANAとの契約は9月末に解除となり、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も打ち切りとなった。

  1. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  2. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  5. 「辻元、辞めろコール」殺到に立民完全スルー! 「寄付した側のミス」投稿を拡散