議会選の混乱収拾後に辞任の用意 キルギス大統領が表明

キルギスのジェエンベコフ大統領(タス=共同)
キルギスのジェエンベコフ大統領(タス=共同)

 4日の議会選を巡る混乱で無政府状態に陥っている中央アジア・キルギスのジェエンベコフ大統領は9日、「合法的な政府指導部が承認され、国が法秩序への道を回復した後に辞任する用意がある」との国民向け声明を発表した。インタファクス通信などが報じた。

 野党勢力はジェエンベコフ氏に辞任を要求していたが、辞任の用意を示したことで混乱は収拾に向かう可能性がある。

 ジェエンベコフ氏は、政治状況が「危機的な限界点に達した」と指摘。安定化への道筋として、議会選結果を取り消して再選挙を実施し、議会選前の内閣は総辞職させて新内閣を発足させる必要があると主張した。

 新内閣樹立には議会決議と大統領令が必要。ジェエンベコフ氏は議会の決定を尊重する用意があるとした。(共同)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者