不妊治療、負担軽減に意欲 三原厚労副大臣が施設視察

 横浜市のクリニックを視察する三原じゅん子厚労副大臣(中央)ら=8日午後
 横浜市のクリニックを視察する三原じゅん子厚労副大臣(中央)ら=8日午後

 不妊治療への支援拡充に向け、三原じゅん子厚生労働副大臣は8日、横浜市西区の専門クリニックを視察した。終了後、報道陣に「治療は(患者にとって)経済的負担につながっている。医療の質を担保しながら、保険適用していくことは大切だ」と述べ、負担軽減に改めて意欲を示した。

 山本博司副大臣とともに施設を訪問。院長や職員と不妊治療の現状について意見交換した。

 現在の制度は体外受精と顕微授精に関して初回30万円、2回目以降は15万円を助成。治療開始時に妻が43歳未満であることが条件の一つとなっているが、このクリニックではより高い年齢で治療し出産に至ったケースも珍しくないと説明があったとして、三原氏は「技術や方法でこれだけ(結果が)変わるということも周知徹底しなければならない」と強調した。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン