産婦人科、産科が過去最少 厚労省調査、29年連続

 厚生労働省は29日、昨年の医療施設調査を公表した。同10月時点で、全国の産婦人科や産科のある一般病院は前年比7減の1300施設で、統計を取り始めた昭和47年以降で最少を更新した。減少は29年連続となった。小児科のある一般病院も前年比28減の2539施設となり、26年連続で減った。

 厚労省の担当者は「出生数減少に加え、病院統廃合などによる診療科の集約化が背景にあるのではないか」としている。

 調査によると、全国の医療施設(病院・診療所)は前年比326増の17万9416施設。内訳は一般病院が7246施設、精神科病院が1054施設。一般診療所が10万2616施設、歯科診療所が6万8500施設。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態