レイズ・筒香、メジャー1年目でプロ初V「とんでもないところに来てしまった…」

ベンチ前で紙吹雪が舞う中、マスク姿の筒香(左から2人目)はチームメートとハイタッチを交わした (共同)
ベンチ前で紙吹雪が舞う中、マスク姿の筒香(左から2人目)はチームメートとハイタッチを交わした (共同)

 メッツ5-8レイズ(23日=日本時間24日、ニューヨーク)米大リーグ、レイズがメッツに8-5で勝利し、ア・リーグ東地区で2010年以来10年ぶり3度目の優勝を飾った。筒香嘉智外野手(28)は打率.195と苦しむ中、移籍1年目での栄冠。11年目を迎えたプロ野球人生で初めて優勝を経験した。チームは08年以来のリーグVと1998年の球団創設以来、初のワールドシリーズ制覇を目指す。

 試合終了と同時に、シルバーの紙吹雪がベンチ前に舞い、クラッカーが鳴り響いた。ア・リーグ東地区に所属するレイズが、2010年以来の地区優勝。マスク姿の筒香はハイタッチで喜びを分かち合った。

 「チーム全員が協力して勝ち取った地区優勝。勝つための道を開くことができるスペシャルなチームだ。ポストシーズンは控えているが、きょうは祝いたい」

 コロナ禍で60試合制の今季。筒香の取材対応はなかったが、15年から指揮を執って初タイトルとなったキャッシュ監督がナインをたたえた。恒例のシャンパンファイトはなく、各自がクラブハウスでビールで乾杯。米国ではお祝い時に葉巻を吸う慣習があり、ベンチで紫煙をくゆらせた。

 2年総額1200万ドル(約13億円)で加入した筒香。メジャー1年目は48試合の出場で打率・195、8本塁打、23打点。投手は想像以上のレベルだった。

 「とんでもないところに来てしまった…。毎日、幸せな気持ちで球場に来られたかといえば、そうではないときもあった」

 DeNA時代、大リーグでのプレーを見据えてノーステップ気味のフォームにし、米球界特有のムービングボールへの対応力を高めた。15年オフにはドミニカ共和国のウインター・リーグで武者修行。それでもメジャーの投手に圧倒された。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP