P・トロワグロ氏死去 フランス料理の世界的シェフ

死去したピエール・トロワグロ氏(AP)
死去したピエール・トロワグロ氏(AP)

 フランス料理界に兄と共に革新をもたらし、世界的に知られたシェフのピエール・トロワグロ氏が23日、同国中部ロアンヌ近郊の自宅で死去した。92歳だった。フランスのメディアが伝えた。死因は明らかにされていない。

 1928年、フランス中部シャロンシュルソーヌ生まれ。有名レストランで修業し、両親がロアンヌで営んでいたホテル・レストランで50年代から兄のジャン氏(83年死去)と腕を振るった。

 68年にミシュランガイドで三つ星を獲得。親交の深かったシェフの故ポール・ボキューズ氏らと共に、伝統にとらわれない「ヌーベルキュイジーヌ(新しい料理)」の先駆者となり、考案した「サーモンのオゼイユ風味」はフランス料理の代表的一品となった。

 60年代後半に来日し、東京のフランス料理レストランで一時、シェフを務めるなど日本との関係も深かった。(共同)

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態