3歳の弟踏みつけ死なす、24歳姉に猶予判決 大阪地裁

大阪地裁
大阪地裁

 大阪市平野区の住宅で昨年4月、弟=当時(3)=の腹部を踏んで死なせたとして、傷害致死罪に問われた無職、金城ゆり被告(24)の裁判員裁判の判決公判が18日、大阪地裁で開かれた。長瀬敬昭裁判長は、被告の軽度の知的障害や劣悪な家庭環境の影響を認め、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決理由で、長瀬裁判長は「何ら落ち度のない3歳の子供の命が奪われた結果は重大」と述べた。一方、被告は母親から幼い4人のきょうだいの世話や家事を押し付けられ、逃れることもできず不満を募らせていたとも指摘。障害の影響で腹部を踏む行為の危険性を十分に認識できていなかった上、「劣悪な家庭環境は相応に酌むべき事情といえる」として、執行猶予付きの有罪判決とした。

 判決によると、昨年4月2日、自宅で弟の雷斗(らいと)ちゃんの腹部を踏みつけ、失血死させた。当時、被告の体重は約58キロだった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」