受け継がれる「金馬の誇り」 三遊亭金時「重い看板を下ろさせてやるのも親孝行かな」 三遊亭金馬「ご隠居さんの気持ちで、死ぬまで好きな落語を」

三遊亭金馬(右)と三遊亭金時
三遊亭金馬(右)と三遊亭金時

【ぴいぷる】

 今月、四代目三遊亭金馬が、次男の三遊亭金時に金馬の名を譲り、自身は二代目金翁を名乗ることになった。

 噺家(はなしか)生活80年目、91歳の四代目。落語との出合いは尋常小学校1年生の夏休み。蓄音機から聞こえてきた1枚のSP盤レコードだった。

 「柳家金語楼の兵隊落語。『陸軍歩兵二等卒、山下ケッタロ~』というのが面白くてね。聴いているうちに覚えちゃったんですよ。高学年になる頃までには春風亭柳橋(六代目)や柳家三亀松(初代)のネタをレコードで覚えていましたよ」

 12歳で先代の三代目金馬に入門。戦後初の二ツ目で小金馬を名乗り、テレビ創成期のコメディー番組「お笑い三人組」(NHK)に江戸家猫八(三代目)、一龍齋貞鳳らと出演、テレビタレントのはしりとして国民的な人気者に。

 「師匠(三代目)から最初は『芸人は売れなきゃダメなんだよ』なんて言われたけれど、そのうち『お笑い三人組は一生できるもんじゃない。噺家は死ぬまでやれるんだから落語をちゃんと稽古しろ』って。ちっとも稽古しなかったけれどね」

 番組は10年続き終了。三代目が亡くなり、3年後に金馬を継ぐ話になり、荷が重いと悩んでいたとき、五代目柳家小さんに相談。

 「目白の師匠(小さん)は『このまま稽古したら、落語がうまくなるのかよ。(金馬に)なっちゃえば何とかなるんだ』って、あのときは元気づけられました」

 半世紀以上にわたり金馬の名跡を守り続けた。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 〝忘恩の国〟韓国に尋常でない米国の怒り、国営放送で政権の本音が 「対露制裁」は口だけ、国民にウソがバレそうになり慌てた文政権

  5. 【日米首脳会談】裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」