トランプ政権、「平和と繁栄」のメリット訴え積極外交 米中東戦略が歴史的前進(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

トランプ政権、「平和と繁栄」のメリット訴え積極外交 米中東戦略が歴史的前進

 国交正常化を通じてイスラエルとアラブ諸国との経済的関係が深化すれば、中東の対立構造は激変する可能性がある。

 一方で課題となるのは団結維持に向けた方策だ。

 トランプ氏は15日、UAEに最新鋭ステルス戦闘機F35を売却する意向を示した。同氏は、アラブ諸国への軍事支援を通じて各国を掌握する一方、イランへの抑止力確保を目指す。ただ、イスラエルは自国の軍事的優位が脅かされるとしてアラブ諸国への武器供与に反対の立場で、今後に影を落とす恐れもある。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…
  3. ダウンタウン浜田が「めっちゃ恐かった」芸能人は?実名で告白
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声