「令和おじさん」令和の顔に 菅義偉新総裁、岸田氏も石破氏も寄せ付けず

 自民党総裁選で菅義偉官房長官(71)は377票を獲得し、89票の岸田文雄政調会長(63)、68票の石破茂元幹事長(63)を破り、第26代総裁に選出された。選出後には役所の縦割りや既得権益、あしき前例主義の打破などを打ち出し「国民のために働く内閣をつくる」と宣言。菅氏は15日に幹事長ら党四役を選任。16日召集の臨時国会で安倍晋三首相(65)の後継となる第99代首相に指名され、同日中に新内閣を発足する。

 決戦の舞台、両院議員総会が行われた東京都内のホテル。「菅義偉君をもって当選者と決定いたしました」と開票結果を告げるアナウンスが会場に響きわたる。わき起こった万雷の拍手の中で、新総裁に選出された菅官房長官は、ポーカーフェースのまま起立。ゆっくりと四方に頭を下げ、控えめに2度、両手を挙げて拍手に応えた。

 前評判通りの強さをみせた。今回の総裁選での有効投票数は534票。うち、菅新総裁は過半数の377票を獲得。ライバルの岸田政調会長、石破元幹事長に圧勝した。

 選出後のあいさつでは、新型コロナウイルス感染症の収束がいまだ見えない国難を念頭に「政治の空白は許されない」と力説。第2次安倍政権が発足した2012年12月から歴代最長となる7年8カ月間、官房長官を務めたことを紹介し「安倍首相の取り組みを継承し、進めていかなければならない」。ほおを紅潮させながら訴えた。

 首相交代は7年8カ月ぶり。菅氏は党内では無派閥で、世襲でもない議員が総裁に選ばれるのは異例となった。そして無派閥の立場から「役所の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打破し、規制改革を進める」と語り「国民のために働く内閣をつくる」と宣言した。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張