不登校 居場所を探して

(3)自信取り戻す「不登校特例校」 

【不登校 居場所を探して】(3)自信取り戻す「不登校特例校」 
【不登校 居場所を探して】(3)自信取り戻す「不登校特例校」 
その他の写真を見る (1/2枚)

 「行ってきます!」。笑顔で手を振り、登校していく中学3年の山中優美さん(14)=仮名=を、母親はまぶしい思いで見送った。「あれほど教室が嫌と言っていた子が…」

 山中さんが通うのは、京都市立洛友(らくゆう)中学校の昼間部。全国に15ある文部科学省指定の不登校特例校の一つだ。不登校の子供が増え続ける状況を背景に創設された不登校特例校は、学習指導要領にとらわれずに不登校の子供の実態にあったカリキュラムを柔軟に組めるのが特徴で、平成16年に3校が誕生。洛友中は19年に開設された。

 山中さんは小学3年のときに「教室が怖い」と言い出し、学校に通えなくなった。その後、発達障害の一つの自閉症スペクトラム障害と診断される。小学校卒業まで自分の教室に入れず母親と別室登校を続けたが、不登校の子供を対象にした洛友中には自分で行くと決めた。体験入学などで学校の雰囲気が良かったといい、一人でバスに30分乗って休まず通う。「先生が待っていてくれ、必ず名前を呼んでくれる。それが心に響いたようです」と母親は目を細めた。

 同校には、不登校の生徒が通いやすいようにさまざまな工夫がある。たとえば始業時間は午後1時半、終業時間は午後6時15分で、一般的な中学校と異なる時間帯にしているのは、朝起きれない起立性調節障害の生徒や、登下校時に地域の中学校に通う同級生と顔を合わせたくないという生徒もいるためだ。年間の授業時間も標準より2割程度少ない770~780時間にして、ゆったりとカリキュラムを組む。在籍生徒は17人と少人数で、山中さんの琴線に触れたように一人一人への声かけが可能だ。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから

  5. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活