「犯罪思いとどまらせる」 19歳に息子を奪われた母、実名報道解禁を評価

「犯罪思いとどまらせる」 19歳に息子を奪われた母、実名報道解禁を評価
「犯罪思いとどまらせる」 19歳に息子を奪われた母、実名報道解禁を評価
その他の写真を見る (1/2枚)

 「大人と同じように名前が出るということが、犯罪を思いとどまらせる一つの理由になるのでは」。平成20年に当時19歳の少年に故意に車ではねられ、次男を殺害された千葉県成田市の沢田美代子さん(64)は、9日の法制審議会の部会で少年法改正の答申案が承認され、18~19歳の実名報道解禁などが前進したことを評価した。(橘川玲奈)

 事件が起きたのは20年11月10日夜。地方銀行に勤めていた次男の智章(ともあき)さん=当時(24)=は、支店での勤務を終え、最寄りの千葉県香取市のJR成田線小見川駅まで先輩と歩いていた。突然、背後からスピードを上げて迫ってきた軽トラックにはねられた。

 「智章君が交通事故に遭いました」。自宅にいた美代子さんは上ずった声の勤務先の先輩から連絡を受け、夫の容之(やすゆき)さん(67)と病院へ急いだ。だが、智章さんは処置もむなしく、翌日の早朝に亡くなった。

 逮捕された少年は軽度の知的障害があったが、家裁送致前の簡易鑑定では責任能力が認められた。父親との関係が悪く、誰かを殺害すれば、逮捕されて父親の束縛から逃れられると考えた上での身勝手な犯行だった。別の事件で保護観察中だったという。

 家裁から検察官送致(逆送)を経て殺人などの罪で起訴された少年は、法廷で反省の意を示すことはなく、「少年だから死刑にならない」と発言、遺族感情を逆なでした。「せめて無期懲役に」と淡い希望を抱いたが、検察側の求刑は懲役5~10年の不定期刑。判決もそのままだった。「甘すぎる」。無念さでいっぱいになった。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑