福井から不気味に伸びる断層…地震ノーマーク、京都&名古屋の危険度 内陸直下型潜む「動き残り」 専門家「無縁と思われる地域でも起きる」

 「福井から淡路島に伸びる断層の上には、京都府や滋賀県西部が位置している。また。JR名古屋駅近くまで伸びる断層付近には中央、東名など各高速道路が通る小牧ジャンクションもある。濃尾地震の例をみても、最大でM8程度の地震になるだろう」と警鐘を鳴らす。

 今回の福井の地震について、「震源が浅いため、南海トラフ地震のさきがけとして起きる内陸直下型地震の1つではないか」とみるのは、夕刊フジで「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏。

 南海トラフでは、1944年に東南海地震が起きたが、その前年の43年には鳥取地震があった。46年の南海地震の前年には三河地震が発生した。いずれも内陸直下型地震だ。

 「活断層は分かっているだけで約2000、分かっていないものはその3倍に及ぶとされ、地震が起きないと分からないものも多い。日本の場合、地震とは無縁と思われる地域でも起きる」と島村氏は強調した。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」