進化するノンアル飲料 おしゃれにおいしく本格派

進化するノンアル飲料 おしゃれにおいしく本格派
進化するノンアル飲料 おしゃれにおいしく本格派
その他の写真を見る (1/3枚)

 アルコール分を含まないノンアルコール飲料が人気を集めている。これまでノンアルの飲み物は、味や見た目がお酒もどきのものが多かったが、最近はおいしく、そして、本格的に進化している。お酒が苦手な人や健康上の理由でお酒が飲めない人にとっては、救世主となりそうだ。(橘川玲奈)

 東京・六本木に7月、完全ノンアルバー「0%(ゼロパーセント)」がオープンした。「宇宙にできた最初のバー」をイメージしたという店内は、ポップな音楽が流れ、落ち着いた内装や照明でおしゃれな雰囲気だ。

 人気の「アイスランドバブル」(1200円)は、客に出す直前にバーテンダーがカクテルグラスの上にしゃぼん玉のような、煙で満たされた半球のドームを乗せる。指で半球を割ると、燻(いぶ)されたような香りが漂う。カクテルには、ジャスミンティーやパイナップルの生絞りジュース、未熟ブドウのシロップなどが含まれ、甘く深い味わい。見た目も、味も香りも楽しい。

 「アイスランドの間欠泉(熱湯や水蒸気が地上に噴き上がる温泉)の神秘的な情景をイメージした。香りと一緒にカクテルを楽しんでほしい」

 こう話すのは、店をプロデュースした山本麻友美さん(31)。山本さん自身もお酒が苦手という。

 「バーの雰囲気は好き。だけど、そこでウーロン茶やオレンジジュースを頼むのは気が引ける。お酒を飲む人も飲まない人も楽しめる空間を作りたかった」と0%を立ち上げたきっかけを話した。

 オープンから2カ月ほど。店には若い女性や、子供連れの母親グループなど集まる客は多岐にわたる。若い男性2人組がノンアルカクテルを飲みながら、将来について真剣に語りあう姿もあったという。

 山本さんによると、ハーブを蒸留したノンアルの飲料など、英国や米国を中心に、おしゃれでおいしい飲料が発売されているという。「日本でももっとノンアルがはやると思う。お酒なしで楽しい話をしながらいい時間を過ごしてほしい」と期待した。

 飲料大手サントリーによると、ノンアルコール飲料の市場は年々拡大し、10年間で4倍以上に成長したと推定される。

 人気の背景には、健康志向の増大や、お酒に遜色ない味の良さがあるとみられる。

 同社が成人3万人に行ったアンケートによると、ノンアル飲料を過去1年に飲んだ人のうち約7割が「期待よりおいしかった」「期待通りおいしかった」と回答。お酒をまねただけ、お酒と比べて風味が劣る…。そんな評価を受けてきたノンアル飲料は、着実に進化しているようだ。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」