教えたいけど…行けなくなると困るフレンチの名店 東京・目黒「クロ・デ・グルメ」

「クロ・デ・グルメ」では同内容のコースを予約のみで昼にも提供している
「クロ・デ・グルメ」では同内容のコースを予約のみで昼にも提供している

 【肉道場入門!】

★絶品必食編 

 小体ながらいい店に会えたときには、なんとも複雑な気持ちになる。人に教えたくなるが、評判をとって自分が行けなくなっても困るからだ。

 昨年11月、東京・目黒にオープンした「クロ・デ・グルメ」はまさにそんな店だ。

 パリの同名店でも働いたオーナーシェフが腕をふるう。

 料理のスタイルは、正統派のフレンチだが、伝統的な形式にばかり、拘泥するわけではない。

 この店のメニューは、あらゆる意味で、客に寄り添う。

 料理に合うと思えば、ためらいなく、イタリアのワインをサーブするし、箸もナイフの脇にセット済み。どんな道具を使っても食べやすくなるよう、料理も調整されている。

 訪れた日は冷製の細麺パスタ、カッペリーニがメニューにあり、香り抜群のサマートリュフが散らされていた。

 ナイフ&フォークでも箸でも食べられる盛り付けで、しかも、料理7品+デザートで5500円という超破格値。

 メインとなる肉料理は、後半に一気に追い込んでくる。

 まずは去年閉店したパリの「クロ・デ・グルメ」本店のスペシャリテを受け継いだ「テート・デ・コション」。テートは頭、コションは豚を意味する。

 豚の頭部まわりのタンやミミ、頬肉などをやわらかく加熱したものを筒状に成形し、カットしてカリッと焼き上げた。香ばしい茶色を口に運べば、口の中で肉がほろりと崩れながら、濃醇な風味が広がっていく。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」