「残念だ」「感謝している」近畿の首長から惜しむ声

昨年6月、G20大阪サミットの会合で、中国の習近平国家主席(右)と笑顔で握手を交わす安倍首相=大阪市
昨年6月、G20大阪サミットの会合で、中国の習近平国家主席(右)と笑顔で握手を交わす安倍首相=大阪市

 健康問題を理由に28日、辞任を表明した安倍晋三首相。近畿の首長からは、2025年大阪・関西万博の開催決定への尽力や経済政策などを評価する声や、志半ばでの辞任を惜しみ、体調を気遣う声が聞かれた。

 大阪維新の会前代表の橋下徹氏とともに、安倍首相や菅義(よし)偉(よしひで)官房長官と年末に会食するなど仲が深い大阪市の松井一郎市長は、万博誘致や大阪で初開催された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を挙げ、「中央政府、地方政府として協力し合えるところは協力し、国民のための政治ができた。本当に感謝をしている」。

 大阪府の吉村洋文知事も「(万博誘致には)大きな安倍首相の支えがあった」と述べた。

 経済政策を評価する声も多かった。和歌山県の仁坂吉伸知事は「地方創生の取り組みや高速道路などのインフラ整備、国土強靱(きょうじん)化に大きな進展があったのは安倍政権の支援が大きい」。

 兵庫県の井戸敏三知事は「日本経済を現状までもってきた。(昭和の)岩戸景気に近い景気回復を実現した」と評し、「残念だ」と何度も繰り返した。

 安倍政権で復興庁事務次官を務めた京都府の西脇隆俊知事は「任期途中の辞意表明は相当に無念だったと思う」とコメント。滋賀県の三日月大造知事は「想像もつかないほどの心労や負担もあったのでは。ご努力に敬意を表し、感謝を申し上げたい」と述べた。

 京都市の門川大作市長は「国民のために休むことなく働き続けたこともあろうかと思う。一日も早いご回復をお祈り申し上げます」と話した。

 奈良県の荒井正吾知事は、次期首相について「地方の発展をともに進め、国の内外に信頼される政治が行われることを期待する」とした。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?