アプリ削除の差し止め提訴 フォートナイト対アップル、対立激化

 米ニューヨークで開かれた「フォートナイト」ワールドカップ会場=2019年7月(ロイター)
 米ニューヨークで開かれた「フォートナイト」ワールドカップ会場=2019年7月(ロイター)

 人気ゲーム「フォートナイト」を手掛ける米エピック・ゲームズは17日、米アップルのアプリ販売市場からフォートナイトの削除差し止めを求める訴訟を米連邦地裁に起こした。ゲーム大手とアップルとの対立が激化している。

 エピックは13日、ゲームアプリ内でアップルへの30%の手数料を回避する課金システムを導入。アップルは規約に違反したとして、フォートナイトのアプリを削除した。これに対し、エピックはアップルを独占禁止法違反で提訴した。

 エピックによると、アップルは翌14日、パソコン「マック」を含むアップル全製品向けのエピックの開発者用アカウントを今月28日までに終了すると通告。開発ツールが使えなくなり、ソフトの更新に支障が出る。エピックは差し止め請求で、「報復」をやめるように求めた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」