英4~6月期GDP20・4%減 過去最悪の落ち込み

 英統計局が12日発表した2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比20・4%減となり、記録のある1955年以降で最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルス感染症の拡大防止策導入により、経済活動が抑制された。

 20年1~3月期から2四半期連続のマイナス成長となり、英国は景気後退局面に入った。企業などの活動は引き続き停滞。新型コロナ流行の収束が見通せない中、厳しい状況が続きそうだ。(共同)

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず