愛知県vs名古屋市の壮絶バトル! トリエンナーレ訴訟、河村市長出廷「ナゴヤ市民は ぜったゃぁはらわん」 高須院長も駆け付け

河村市長は名古屋地裁に出廷した
河村市長は名古屋地裁に出廷した

 愛知県と名古屋市の壮絶バトルの火ブタが切られた。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会が、名古屋市に未払いの負担金約3380万円を支払うよう求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、名古屋地裁で開かれた。名古屋市は河村たかし市長が自ら出廷し、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて、その灰を足で踏み付けるような映像作品などの公開を認めた、実行委員会会長である愛知県の大村秀章知事の姿勢を痛烈に批判した。

 「政治的主張を含む作品を、公金と公共施設を使って展示させることが公共事業として適切なのか。これは『表現の自由』ではなく、『公金の使い道』の問題だ」

 河村氏は約1時間の意見陳述で、こう語った。

 地裁には、大村氏へのリコール(解職請求)運動の発起人として精力的に活動する「高須クリニック」の高須克弥院長も駆け付けた。

 名古屋市は答弁書で、「(芸術祭の)企画展には不快感を催す作品が含まれ、公共事業としてふさわしくない作品展示を助成することになる負担金支出は法令違反になる」と主張し、「大村知事は運営会議を開催せずに独断で企画展を中止し、その後再開させた」と批判した。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」