<独自>風営法に基づく「夜の街」調査 埼玉県は見送り

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 埼玉県と県警は、新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、「夜の街」を中心に実施を検討していた風営法に基づく店舗への立ち入り調査について、見送る方針を決めた。複数の関係者が5日、明らかにした。

 風営法に感染症対策の明示的な規定がないことなどから、実施は困難と判断した。警視庁や大阪府警、北海道警はすでに風営法に基づく立ち入り調査を行っており、自治体によって判断が分かれた形だ。

 埼玉県は7月下旬、県内のキャバクラ店などでクラスター(感染者集団)発生が相次いでいることを踏まえ、風営法に基づく調査実施の検討に入った。県関係者によると、東京都などで先行事例があることを念頭に実施の可能性を探ったが、県警側から「風営法の趣旨に反する」との見解が示されたことなどから、見送りを決めたという。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗