反日暴走韓国・文政権が仕掛ける「対日世論工作」予算3倍増の異常! ウソとデマだらけ…室谷克実氏が新著で対処法指南

新著『韓国のデマ戦法』
新著『韓国のデマ戦法』

 韓国事情に精通し、夕刊フジで「新悪韓論」を連載するジャーナリスト、室谷克実氏の新著『韓国のデマ戦法』(産経新聞出版)が31日発売された。「反日」で暴走する文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国が仕掛ける「対日情報心理戦」の実態をあらわにし、日本や日本人がどう対処すべきかを指南している。

 「日本のマスコミは、文大統領が共産主義者であることを伝えない」「レッド・コリアの出現は間近だ」

 室谷氏は、こう警鐘を鳴らしている。

 注目の新著は、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件や、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)廃棄決定の舞台裏を解説しながら、同国であふれる「ウソ」や「デマ」に迫る。

 韓国人の思考方式も紹介しているが、日本人には理解困難だ。

 例えば、「『泥棒』と言われたら『お前こそ泥棒だ』と言い返せ」という処世訓がある。自分に非があっても謝らず、相手の度肝を抜いて、うやむやに終わらせる。何かあれば相手に謝罪を強要し、謝罪があると自分は「被害者」ヅラして、相手を徹底的に責め立てるという。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. あすの「ちむどんどん」5月26日OA第34話あらすじ 良子は金吾の求婚を受け入れるが、両家の顔合わせで…

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明