「尊厳死の法整備の議論を」維新代表の松井氏  - イザ!

メインコンテンツ

「尊厳死の法整備の議論を」維新代表の松井氏 

松井一郎・大阪市長
松井一郎・大阪市長

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は28日、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者への嘱託殺人事件をめぐり、「人間としての尊厳や尊厳死、生き方について議論をすべきだ」とし、尊厳死の法整備も視野に国会で議論を始めるべきだとの考えを述べた。

 市役所で記者団の取材に答えた松井氏は、「これまでも何件か(今回の事件のような)事例があるにもかかわらず国会で議論がなされてこなかった。政治家の不作為だ」と指摘。そのうえで、「人間は生きている限り亡くなる。一人一人が自分の人生をどう形づけるか主張する権利はあっていいと思う」とし、「(難病を)患っている人たちの思いに寄り添う形で法整備を行うべきだ」と主張した。

  1. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  2. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール
  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故
  4. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」
  5. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ