自民・岸田氏 緊急事態、再発令に慎重姿勢 - イザ!

メインコンテンツ

自民・岸田氏 緊急事態、再発令に慎重姿勢

会見で記者団の質問に答える自民党・岸田文雄政調会長=27日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える自民党・岸田文雄政調会長=27日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の岸田文雄政調会長は27日の記者会見で、東京都を中心とした新型コロナウイルス感染者数の増加傾向に伴う緊急事態宣言の再発令に慎重な考えを示した。「検査体制の強化など、以前に宣言が発令された状況とは異なる。感染症対策と経済対策をバランスよく取り組みが進められている。いますぐ再発令する必要はない」と述べた。

 そのうえで「警戒感を持続し、機動的に対応する姿勢は大事だ」と語った。

 19日のテレビ番組で観光支援事業「Go To トラベル」をめぐり、政府がキャンセル料の補償を検討していると明かした理由を問われ、「国民の関心を集めていることだから検討すべきとの私の考えを言った。深い考えがあっての発言ではない」と語った。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる