阿炎、突然の休場 師匠判断による事実上の謹慎か/7月場所

 大相撲の東前頭5枚目阿炎(26)が7日目の25日、突然休場した。NHK大相撲中継で向正面のゲスト解説を務めた師匠の錣山親方(元関脇寺尾)が同放送で「数人のお客さまと会食に出た。大事を取り本日より休場します」とし、発熱などではないことを説明した。また、「こういう時期に軽はずみな行動をしてしまい、申し訳ございません」と弟子の問題行動を謝罪した。

 日本相撲協会では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月の春場所前から力士ら協会員に原則的に外出禁止を継続しており、師匠判断による事実上の謹慎とみられる。阿炎はこの日の幕内土俵入りに参加せず、7日目に対戦する関脇御嶽海は不戦勝となった。8日目は新大関の朝乃山との対戦が組まれていたが、急きょ割り返しとなった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」