米ゴールドマン、マレーシア政府と4000億円で和解

 マレーシア財務省は24日、政府系ファンド「1MDB」からの巨額資金流用事件を巡り、米金融大手ゴールドマン・サックスから39億ドル(約4100億円)相当の賠償を受けることで和解したと発表した。マレーシア側は、同社に関係する法人や個人に対する刑事訴追は全て取り下げる。

 1MDBは2009年に当時のナジブ首相=背任罪などで公判中=が設立したが、在任中に自身の不正流用疑惑が発覚。18年の総選挙でマハティール氏が率いる政党連合に敗れ、マレーシア初の政権交代が起きる要因となった。

 マレーシア検察当局は18年、1MDB子会社の計65億ドルの債券発行を引き受けたゴールドマンの子会社などが、関係書類に虚偽や誤解を招く情報を記載したとして、子会社3社と元幹部らを証券取引法違反の罪で起訴していた。(共同)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  3. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信