NY金最高値更新1897ドル 景気悪化懸念で資金流入

南アフリカの工場に並ぶ金の延べ棒=2006年5月(ロイター=共同)
南アフリカの工場に並ぶ金の延べ棒=2006年5月(ロイター=共同)

 24日のニューヨーク金先物相場は6営業日続伸し、取引の中心となる8月渡しが前日比7・50ドル高の1オンス=1897・50ドルで取引を終えた。終値として2011年8月の1891・90ドル以来約8年11カ月ぶりに過去最高値を更新した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない上、米中関係の悪化も世界景気に悪影響を及ぼすとの懸念が広がり、比較的安全な資産とされる金に資金を避難させる動きが強まった。一時、1904・60ドルまで上昇した。

 金は、景気減速による需要減に結び付く原油などと比べ、景気後退の影響を受けにくいとされる。新型コロナを受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和策を打ち出し、金利が低下。米政府による巨額の財政政策による将来のインフレ懸念も高まり、資金が金市場に流れ込んだ。(ニューヨーク 共同)

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信