「#初見殺しのJCT」に反響殺到 関東からは「保土ヶ谷」推し多数(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「#初見殺しのJCT」に反響殺到 関東からは「保土ヶ谷」推し多数

 4連休を控えた22日、ツイッターで「#初見殺しのJCT(ジャンクション)」というハッシュタグがトレンド入りし、ネット民の反響を呼んでいる。

 きっかけは、コンテンツ制作会社のメディア・ヴァーグが運営するウェブニュースサイトの「乗りものニュース」に掲載された「高速道路『初見殺しのJCT』5選 長~いランプに複雑分岐 車線移動はお早めに」と題する記事。京都の大山崎JCTや東京の首都高速・箱崎JCTなど、全国から5つのジャンクションを取り上げ、全体の構造がわかる空撮画像を添えて、分岐の複雑さや、頻発する誤進入の実情、分岐を間違えてしまった場合のリカバー方法などを解説している。

 ツイッター上では、ユーザーが思い思いの「初見殺しJCT」を投稿し合っており、「全部通った事あるけど難しいと思ったことないかも」と記事を見ても実感がわかないユーザーも中にはいるものの、大多数は自分なりの「初見殺しJCT(またはIC)」があるようだ。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる