槇原敬之被告、21日初公判 「密」避けるために広めの法廷を使用 - イザ!

メインコンテンツ

槇原敬之被告、21日初公判 「密」避けるために広めの法廷を使用

 覚せい剤取締法違反(所持)などの罪に問われたシンガー・ソングライター、槇原敬之(本名・範之)被告(51)の初公判が21日、東京地裁で開かれる。

 起訴状によると、2018年3~4月、仕事場などとして使用していた東京・港区のマンションで危険ドラッグ「ラッシュ」と覚醒剤を所持。

 今年2月に逮捕され、初公判は6月予定だったが、コロナ禍で見送られていた。初公判は約1時間とみられ、被告人質問などで即日結審。今回は「密」を避けるために広めの法廷を使用する。法曹関係者は量刑について、執行猶予付きの有罪判決とみている。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる