朝乃山の快勝、観客もうなり声 新大関お披露目「緊張した」

【大相撲七月場所 初日】×隆の勝(おくりだし)朝乃山○ =東京都墨田区の両国国技館 (撮影・戸加里真司)
【大相撲七月場所 初日】×隆の勝(おくりだし)朝乃山○ =東京都墨田区の両国国技館 (撮影・戸加里真司)

 声援を控えるよう求められている観客が思わずうなり声をあげた。朝乃山の大関としての船出は、期待に違わぬ貫禄十分の内容だった。

 立ち合いでもらった隆の勝に激しい突きにも、太い脚に支えられた体はびくともしない。冷静にまわしを探り、左上手を深くつかんで勝負あった。出し投げを打ち、相手を後ろ向きにして送り出した。

 無観客だった3月の春場所後に昇進し、この日が大関のお披露目だった。「お客さんがいるのといないのとでは全然違う。とても緊張したが、自分の相撲を取りきることだけ考えてできた」。万雷の-とはいかないが、拍手を背に受け、花道を引き揚げる姿に大関の風格を漂わせた。

 新型コロナウイルスの影響で出稽古は禁止。籍を置く高砂部屋で汗を流すしかなかった。同部屋には他に幕内力士がおらず、若い衆とのぶつかり稽古、四股やてっぽうなどの基礎運動を黙々とこなしてきた。

 その中で心強い味方が加わった。6月末から専属トレーナーが付くことになった。適切な筋力トレーニングやケアの仕方など数々のアドバイスを受けてきた。

 「一人で筋トレするより、マンツーマンで筋トレしたほうがモチベーションも上がる。相撲の動作に使う筋肉や普段は使わない筋肉について、話し合って筋トレしている」。部屋に閉じこもらざるを得ない中で、成長のために何ができるかを考え抜いてきた。

 大関初勝利にも笑みはない。「まだ14日間ある。終わったわけではない」。守りには入らない。悲願の最高位へ、新たな一歩を踏み出した。(浜田慎太郎)

  1. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃