会津鉄道・芦ノ牧温泉駅のネコ駅長「らぶ」 コロナ禍でも人気不動

会津鉄道・芦ノ牧温泉駅のネコ駅長「らぶ」 コロナ禍でも人気不動
会津鉄道・芦ノ牧温泉駅のネコ駅長「らぶ」 コロナ禍でも人気不動
その他の写真を見る (1/6枚)

 静かな山あいの駅にディーゼルのエンジン音を響かせ列車が到着する。ホームのベンチにたたずみ、静かに観光客を出迎えるのはネコ。福島県会津若松市にある会津鉄道芦ノ牧温泉駅は、ネコの駅長がいることで全国的に知られる。現在、務めているのは2代目の「らぶ」(雄、6歳)。新型コロナウイルスの感染拡大で訪れるファンは一時、途絶えていたが、6月の移動自粛全面解除後はすぐに戻ったといい、人気は衰えを知らない。(芹沢伸生)

初代は「ばす」

 芦ノ牧温泉駅がネコのいる駅になったのは、21年前の平成11年6月。保護した雌ネコを小学生が駅に連れてきたのが始まりだった。そのネコはアニメ映画「となりのトトロ」の「ネコバス」に走り方が似ているとの理由で「ばす」と名付けられた。

 ばすは駅に住みつき、乗降客を見送る姿が評判になり、20年4月名誉駅長に。26年6月、高齢になったばすの補佐役で「駅長見習い」のらぶが加わり、27年12月に名誉駅長を引き継いだ。らぶは「名誉施設長」で弟のぴーち(3歳)と一緒に働いていたが、ぴーちは体調を崩し今年3月に退職。4月からは妹のさくら(0歳)が駅員見習いになったが、まだ子供で、らぶの孤軍奮闘が続いている。

 駅を運営しているのは会津鉄道の委託を受けた「芦ノ牧温泉駅を守る会」。小林美智子駅長はネコたちの飼い主で21年前、ばすが駅にやってきたときも働いていた。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も