新型コロナ解雇3万人超 緊急事態解除後も深刻 - イザ!

メインコンテンツ

新型コロナ解雇3万人超 緊急事態解除後も深刻

 厚生労働省は2日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めが、見込みを含めて1日時点で3万1710人になったと明らかにした。6月4日に2万人を超えてから約1カ月で1万人増加した。政府が緊急事態宣言を全面的に解除した後も、雇用情勢の悪化に歯止めがかかっていない実態が浮き彫りになった。

 総務省が6月30日に公表した5月の労働力調査によると、「失業予備軍」とされる休業者は423万人に上り、高止まりが続いている。日本経済は長期的に停滞する懸念も出ており、勤務先から解雇されて失業者に転じる恐れがある。

 厚労省は2月から、各地のハローワークや労働局に相談があった事業所の報告に基づき、解雇や雇い止めの件数を集計している。四半期契約の派遣社員は6月末で契約更新のタイミングを迎える人が多く、今回の集計に含まれている可能性がある。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる