関電、25日に株主総会 金品問題などで紛糾、長時間化は必至 新型コロナで出席自粛を要請も

関電、25日に株主総会 金品問題などで紛糾、長時間化は必至 新型コロナで出席自粛を要請も
関電、25日に株主総会 金品問題などで紛糾、長時間化は必至 新型コロナで出席自粛を要請も
その他の写真を見る (1/2枚)

 金品受領問題に揺れる関西電力の株主総会が20日、大阪市内で開かれる。焦点は取締役選任や旧経営陣への損害賠償訴訟などで、問題発覚後、初の開催となるため紛糾は必至だ。同社の総会は例年、「脱原発」をめぐり3時間を超える長丁場。今年は新型コロナウイルスの感染対策を求められる中での開催だが、長時間化は避けられそうにない。(岡本祐大)

 「あらゆる事態を想定しておかないと」。関電幹部によると、同社は今月中旬、総会のリハーサルを行った。株主からの模擬質問や、取締役候補者の選任が否決された場合など、さまざまなシミュレーションが進められた。

 同社の株主数は3月末時点で29万5658人。感染を防ぐため、関電は株主の来場自粛を求め、総会を初めてインターネット中継する。議決権の行使は事前に、郵送以外にスマートフォンやパソコンからも受け付けている。

 ただ、総会は金品問題を直接、経営陣に質問できる場なだけに、少なからず株主が来場する可能性がある。関電は会場となるATCホール(同市住之江区)の座席数を約3500から約700へ8割減らして席の間を広めにとり、マスク着用や手指のアルコール消毒、検温への協力を求める。

  1. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  4. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走