「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」などジブリ4作品を映画館で上映 ファン歓喜「令和に映画館でナウシカ観られるとは…」「ラピュタもお願い」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」などジブリ4作品を映画館で上映 ファン歓喜「令和に映画館でナウシカ観られるとは…」「ラピュタもお願い」

宮崎駿氏
宮崎駿氏

 スタジオジブリは18日、全国372館の映画館で、「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ゲド戦記」の4作品を28日から上映すると公式HPで発表した。このニュースはネットでも大きな話題となり、ファンからさまざまなコメントが集まった。

 4作品は「一生に一度は、映画館でジブリを。」というテーマのもとで劇場上映される。SNSには「これは朗報」「もう一度劇場で観たかったんだよね」など、歓喜するファンの書き込みが相次いだが、1984年に公開された「風の谷のナウシカ」には、ほかの3作品とはややトーンが異なる喜びの声が集まった。

 「ナウシカ」は、宮崎駿監督の長編アニメ映画の第2弾にあたる作品で、今から36年前の「昭和」の時代に公開された映画だ。それゆえ、平成世代と思われるネットユーザーからは「ナウシカだけ劇場で観てない」といった書き込みがあり、「令和の時代に映画館で『風の谷のナウシカ』観られるとかどんなウルトラCだよ」「風の谷のナウシカは、子供の頃で知らず見れなかった。映画館で見れないことを悲しんできたけど、この歳になってまさか夢が叶うとは」などのツイートが見られた。

  1. チョコプラ松尾が卓球中国コーチと「激似」? ネット民騒然「美誠ちゃんが笑ってた理由はこれか」「試合に集中出来ん」
  2. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ
  3. ワクチン接種直後196人死亡で考える「打つべき人」と「打たないほうがいい人」
  4. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  5. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」