コロナ禍でも放送決定、日テレ「24時間テレビ」に託された裏使命とは - イザ!

メインコンテンツ

コロナ禍でも放送決定、日テレ「24時間テレビ」に託された裏使命とは

日本テレビ
日本テレビ

 【芸能ニュース舞台裏】

 今夏も放送されることが明らかになった日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」。

 「発表直後からネットニュースなどでは、どうやって密回避できるのかという揶揄(やゆ)っぽいニュースが伝えられましたが…」と放送作家。「従来通りにはいかないことが、作り手には追い風で何をやっても許されるんだととらえることができる」と前向きだ。

 会場に観客を入れる必要もなく、ジャニーズアイドルが寄付者を迎える必要もなく、障害者にチャレンジしてもらう企画も必要なく、「コロナ禍に見舞われた世界をどう取り上げるか、最前線で頑張っている医療関係者をどうクローズアップするか、コロナに感染した芸能人を通してウイルスの怖さをどう伝えるか、障害者チャリティーから医療従事者チャリティーに重心が移る。総合司会もリレー形式が検討されている」と同局関係者は明かす。

 前出の放送作家は「これは私の見立て半分だけどね」と断り、番組に託された裏使命のひとつを明かす。

 「『24時間テレビ』同様、日テレの重要コンテンツに『箱根駅伝』がある。冬になれば再び日本が新型コロナウイルスに見舞われる恐れもある。それでも『箱根駅伝』を放送するのか。どうやれば放送可能なのか。今回の『24時間マラソン』には、そんな裏使命が含まれているとみています」(業界ウォッチャーX)

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる